スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)

 司法修習生への給与支給が11月から貸与制に改められることに反対する集会が10日、東京都内で開かれた。日弁連の宇都宮健児会長は「貸与制になったら経済的に余裕がある人しか法律家になれなくなってしまう。(給与制維持の)見通しは非常に厳しいが、国民の気持ちをつかめば必ず達成できる」と訴えた。
 集会には、労働団体や消費者団体の関係者に加え、若手弁護士や法科大学院生も出席。今春法科大学院を卒業した女性は「過疎地での弁護士開業を目指しているが、貸与制になったら実現できるか不安だ」と述べた。 

<仙谷官房長官>荒井戦略相に「管理甘い」と厳重注意(毎日新聞)
首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏(産経新聞)
「四つ星」にまで窃盗団!南ア滞在スペイン人記者被害(スポーツ報知)
<殺人未遂>人工呼吸器の酸素用チューブに穴 大阪の病院(毎日新聞)
司法書士会、1100万円分証紙紛失=事務局長「シュレッダーに」―宮城(時事通信)

就活支援で「卒業後も3年間新卒扱い」 公明党の参院選マニフェスト (産経新聞)

 公明党の夏の参院選マニフェスト(政権公約)の全文が3日、明らかになった。雇用対策では、新卒の未就職者に対する就職活動支援を掲げ、大学卒業後3年間は「新卒者扱い」とする法整備を進める。

 低所得者や高齢者向けの住宅としては「セーフティネット住宅」を100万戸確保。国会改革では、国会議員の歳費を削減するとしただけで、素案で「3割削減」とした数値目標は見送った。議員定数の削減目標も明記されなかった。

 主要政策として(1)雇用保障や年金・医療の充実など新しい福祉を提案(2)景気対策・成長戦略(3)クリーンな政治の実現(4)国民のための行政の実現−の4つを掲げた。

【関連記事】
消費税率「当面10%」 自民、参院選公約に明記
菅代表就任なら消費増税に踏み込みも 参院マニフェスト
見直し連発の経済政策 大風呂敷の末に投げ出し
「責任重大」他党の批判が集中 参院選民主陣営からは安堵の声も
「独り勝ち」のみんなの党、無党派層吸引
「はやぶさ」帰還へ

<訃報>石井裕正さん72歳=慶応大名誉教授(毎日新聞)
大阪市議生野区補選 自民は候補擁立せず(産経新聞)
障がい者制度会議、福島氏罷免で平野官房長官が担当(医療介護CBニュース)
塩川氏「政治知ってる」 上杉氏「開かれた政治に期待」 菅新首相誕生 (産経新聞)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)

「選挙区浸透」道半ば 有名&無名候補のタッグ(産経新聞)

【断面 2010参院選】

 ■比例は“地元”を押さえる動き

 16日午後、山梨県のJR甲府駅前で、夏の参院選に自民党公認で出馬する2人が初めてそろって街頭演説をした。ひとりは、山梨選挙区の元教師、宮川典子氏(31)、もうひとりは比例代表の堀内恒夫氏(62)だ。

 「わが郷土、山梨を愛する宮川典子さん、心はまっすぐだ。宮川さんと、山梨を教育とスポーツの面でよくしていこうではないか」

 街宣車に立った堀内氏は有権者を前に、宮川氏の名を連呼した。

 元プロ野球選手の堀内氏が抜群の知名度を誇るのに対して、宮川氏はほとんど無名である。自民党は、有名人候補と組んだ選挙運動の場をつくることで、無名候補の知名度の底上げを図り、票の掘り起こしにつなげる戦略をとっているのだ。

 宮川氏にとって堀内氏は、知名度だけでなく出身高校、甲府商業などで幅広い人脈を持つ強力な「助っ人」だ。堀内陣営の関係者は「選挙活動の4分の1は地元になるのではないか」とみている。堀内氏の動きは宮川氏の運命を左右すると言ってもいいほどである。

 宮川氏の対抗馬は、元山梨県教職員組合(山教組)委員長で日教組に強い影響力を持つ民主党の輿石東参院議員会長(74)。自民党政権時代の“参院のドン”だった青木幹雄自民党前参院議員会長(75)が出馬を断念したことで、現在の“参院のドン”となった輿石氏が出馬する山梨選挙区はさらに注目され、自民党も「打倒民主党」の象徴的選挙区と位置づけ、猛攻勢をかけている。

 9日に県内で開かれた日教組を批判する集会は、パネリストとして出席した宮川氏に奮起を促す声であふれ、さながら「宮川決起大会」の様相となった。

 すると突然、場内の1人が「まだ宮川さんを知らない人が多いぞ!」と叫び、会場は静まりかえった。高揚感に包まれていた集会の雰囲気は一気に現実に引き戻された。会場のだれもが、宮川氏が依然、選挙区に浸透しきれていないことを知っている。有名候補との組み合わせ作戦は道半ばなのだ。

 プロ野球巨人で通算203勝を挙げた堀内氏は、全国的な集票が期待できる「超目玉候補」として自民党から迎えられた。14日に都内で行われた事務所開きでは、擁立にかかわった二階俊博前選対局長が「(巨人の親会社である)読売新聞の渡辺恒雄・グループ本社会長から『堀内さんに万一のことがあるようなことがあってはならない』と言われた」と必勝を訴えた。

 その堀内氏も、地元の票固めが不可欠になった。たちあがれ日本から中畑清元巨人内野手(56)が出馬したことで、票の目減りは避けられなくなったためだ。

 自民党執行部は参院選比例代表候補に、著名人や、独自の後援会組織を持つ前衆院議員を積極的に擁立した。業界団体が相次いで離反し、一時は500万人以上いた党員が平成21年末時点で100万人割れにまで落ち込んだ結果、「党」の組織力ではなく「候補者」自身の力に頼る必要に迫られている。

 ただ、著名人候補は乱立模様だ。比例代表候補はこれまで全国に薄く広く支持層を伸ばす形が多かったが、堀内氏の山梨県のように「地元」を押さえる動きが活発化している。ところによっては陣取り合戦の様相を呈している。

 岐阜1区から東京5区へ国替えして昨年の衆院選に出馬、落選した佐藤ゆかり氏(48)は岐阜市内に事務所を復活させ、岐阜県での支持拡大をねらっている。しかし、支部長争いを演じた野田聖子元郵政相は女優、三原じゅん子氏(45)を「友人」と持ち上げている。党選対関係者は「野田氏の支持者は間違いなく三原氏に入れるだろう」と分析している。岐阜の地盤をめぐって、女性の有名候補2人がしのぎを削ることになる。(水内茂幸)

【関連記事】
堀内氏、27日岡山で初めて宣伝車に
エモやん、舌好調!参院選出馬会見
中畑氏、夏の参院選直前に猛アピールのハズが…
亀井とタッグ、江本孟紀氏が出馬会見「最近の政治状況にイライラ」
江本氏、国民新党から立候補
iPadが上陸

緑内障が疑われる見えづらさ、「眼の病気でない」が8割(医療介護CBニュース)
デスクトップアイコンを何個くらい置いていますか?(Business Media 誠)
ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)
首相「社民の理解を求める」(産経新聞)
取り調べの違法一部認定 大阪高裁(産経新聞)

小沢氏「代表(の発言)と党の公約は同じようなこと」(産経新聞)

【小沢会見詳報】(3完)(24日夕)

【抑止力】

−−普天間問題をきっかけに抑止力の議論が重要になってくる。幹事長は以前、極東で不安定な状況が起きると、イラクやアフガニスタンの比ではないと言った。極東の日米のあるべき抑止力についてどう考えるか

「あるべき抑止力といっても、こうだって具体的に絵を描ける話ではありませんけども、必要に応じて、もし、仮に不測の事態が起きたときはそれに対処できるだけの力ということだろうと思いますが、そのメーン、その力のメーンは、アメリカのプレゼンスでありますから、その意味において、アメリカが極東にそれなりのプレゼンスを持っているっちゅうことは大事なことだと思いますが、それと同時に、じゃあ、わが国はどういう、この極東の平和の維持のために、あるいは国民の命と生活を守るために、どういう、じゃあ、その中で役割を果たしていくのかということをやはりきちんと持たないといけないだろうというふうに私は一般論として思っております」

「具体的政策については言う立場でありませんので、控えさせていただきます」

【党代表の発言の重み】

−−普天間問題で、鳩山総理は昨年の夏の衆院選で党代表として「最低でも県外だ」と発言し、総理に就任した後に「あれは代表としての発言で、民主党の公約ではない」と言って反発を招いた。幹事長は当時、選挙担当の代表代行だったが「県外」発言をどう思っていたか。また、選挙の際の党代表の発言(の重み)をどう受け止めているのか

「そこはその話、直接聞いたわけじゃなくて、新聞かな、テレビかな、なんかの報道で聞いただけですから、どういう表現でどう言ったのかわかりませんけれども、まあ、代表と党の公約ということは、基本的には、あのー、一般論でいえば同じようなことだろうと思っております」

「ただ、直接聞いてないので、なんて言ったかはあんた方からの伝聞でしかないですけれども」

(司会・辻恵副幹事長)「それでは記者会見終了します」

「はい、ありがとう」

【関連記事】
小沢氏、郵政票に秋波 改革法案成立、局長会で宣言
いま「平成の保守合同」が必要だ
「小沢反抗」への報復? 静岡県連に活動費支給停止
「決着なき決着」迷走再び 辺野古周辺、首相が初表明
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 
虐待が子供に与える「傷」とは?

常用漢字改定案、文化審議会分科会も了承(産経新聞)
国民新・下地氏「首相引責を」 月内に日米不合意で(産経新聞)
<中野区長選>田中大輔氏が3選 東京(毎日新聞)
患者住所の郵便番号など新たに収集へ―今年度のDPC調査(医療介護CBニュース)
北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相(産経新聞)

毒ギョーザの袋に穴=2年前、千葉の発見分―警察庁(時事通信)

 中国製ギョーザの中毒事件で、警察庁は14日、約2年前に千葉県で見つかったメタミドホス入り冷凍ギョーザの袋に、穴があったと発表した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕中国製冷凍ギョーザ中毒事件
全容解明で協力を継続=捜査状況、詳細に説明
「殺虫剤、池に捨てた」=拘束の元従業員供述
「危険物質投与」容疑で拘束=毒ギョーザ事件の元臨時従業員
「寝耳に水」の容疑者拘束=日中、混入場所で一時対立も

高浜4号機で冷却水漏れ=発電停止し点検へ−福井(時事通信)
偽装献金、首相元秘書の有罪判決が確定(読売新聞)
元名人の猫餌やり訴訟で判決へ=集合住宅で管理組合訴え−東京地裁支部(時事通信)
奇妙な海の動物群、繁栄続く=約5億年前の化石発見−モロッコ(時事通信)
【セミナー】 食品産業における 『クレームゼロ化』 と 『コストダウン』 の進め方(4月16日・東京) 株式会社 JIPMソリューション

親子一緒に休める?連休実験、カギ握るのは(読売新聞)

 学校の休日をずらし、平日を休みにして連休を増やす観光庁の実証実験が、大型連休から始まった。

 全国8地域で順次実施される。「休暇分散」で保護者にも有給休暇を取ってもらい、親子の時間を、という狙い。対象の自治体では施設の無料開放など知恵を絞る。だが「仕事は休めない」との親の声も。親子一緒に休めるか、カギを握るのは……。

 30日、三重県亀山市では公立小中14校と幼稚園6園すべてを休みにし、「7連休」を作った。この日、中学生以下の子どもを持つ市職員約100人のうち65人が休暇を取得した。同市立亀山西小では、「宿題も極力少なめにした。親子のふれあいを大切にしてほしい」(椋樹宏全校長)という気遣いぶりだ。

 博物館など市の5施設も無料になったが、このうち「関まちなみ資料館」を訪れる親子連れは少なかった。「長い連休なので遠くに行ったのかもしれない」と職員は話す。同市の場合、代わりに夏休みの登校日に授業を行う予定という。

 それぞれの地域事情も考慮されている。

 静岡県島田市は、3連休の前日にあたる10月8日金曜日を市立小中8校で休みにする。連休に地元の祭り「島田大祭」が開かれるため、準備に参加する児童生徒に配慮した。

 1年度を二つの学期に分ける2学期制を導入している福岡市の市立博多小や京都市内の4校は、前期と後期の間にある10月中旬の5〜6連休を利用する。博多小では相撲大会を開く。

 新潟県妙高市は、妙高高原地域の市立小中3校で11月22日月曜日を休み、4連休にする予定。温泉街が集中する地域だが、この時期は紅葉とスキーシーズンのはざまで「観光業に携わる保護者も休みやすい」(市観光商工課)。有給休暇の申し出があれば応じてもらうよう、市が企業にも要望する。

 一方、東京都荒川区では、区立小中の校長会がこうした試みについて保護者に聞き取ったところ、「仕事は休めないので困る」という回答が多く、実施は小学校1校にとどまりそうだ。区教委の担当者は「共働き家庭が多く、保護者はなかなか休めない。法律で休日にしてもらえれば別だが……」と戸惑う。

 観光庁は、休暇の分散を混雑緩和や新たな旅行需要の掘り起こしにつなげたい考えだ。それだけに、親子で一緒に休めるか、どんな活動につながるかがカギ。実験では、実際に保護者が休めたか、どう過ごしたかを調査し、課題を探る方針だ。

俳優の八嶋智人が追突事故、前方不注意が原因か(産経新聞)
<放置自転車>大阪・北新地にあふれる…ホステス通勤で駐輪(毎日新聞)
池袋駅地下道で異臭騒ぎ=目に痛み、18人症状訴え−東京(時事通信)
<潮干狩り>初夏の陽気のなか3万人楽しむ 横浜(毎日新聞)
五月飾りも戦国ブーム? =直江兼続の「愛」も登場(時事通信)

<名古屋市議会>条例に基づく初の報告会 市民100人参加(毎日新聞)

 名古屋市議会が2月定例会で可決した「市議会基本条例」に基づく初めての議会報告会が16日、西区役所講堂であり、市民ら約100人が参加した。議会側からは、正副議長と各会派の幹事長や地元議員ら22人が参加した。

 吉田隆一議長が基本条例の趣旨や条文、議会改革の取り組みを説明。伊神邦彦副議長が2月定例会での予算案の修正理由などを報告した。

 当初質問が集中すると予想されていた議員報酬や定数に関する質問はあまり出なかったが、「海外視察は見直してほしい」「予算の中のどの無駄を削減したか分かりやすく伝わらない」などのさまざまな意見や質問が出された。

 西区の無職、奥村勝さん(65)は「議員の口から議会の話がいろいろ聞けるのは初めて。こういう会をたくさんしてほしい。われわれも勉強しないといけない」と話していた。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も
名古屋市役所:新規採用587人に辞令交付

受信契約拒否のホテル経営会社、NHKが提訴(読売新聞)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
東寺 「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
寝屋川の女児死亡 懐に飛び込めず見逃す 市と児相 連携、訪問も (産経新聞)

ネット解約に激怒 30歳長男が一家5人刺す(スポーツ報知)

 17日未明、愛知県豊川市の会社員・岩瀬一美さん(58)方で、長男が、同居していた家族ら5人を包丁で殺傷し、家に放火したとして、現行犯逮捕された。岩瀬さんと、孫の金丸友美ちゃん(1)が死亡。逮捕された長男の無職・岩瀬高之容疑者(30)は、15年間にわたって“引きこもり状態”で、豊川署によると、「インターネットの接続を解約されて腹が立った」と、動機を供述している。

 「インターネットを解約したのは誰だ」。暗い家の中を懐中電灯で照らしながら激高し、包丁で1歳の女児まで…。30歳の引きこもり男が、最悪の惨劇を引き起こした。

 豊川署によると、17日午前2時25分頃、岩瀬さんの近所の男性から「刺された女性が助けを求めてきた」と通報があった。署員が駆けつけると、岩瀬さん方から出火し、家族が負傷していた。署員は、近くの葬儀場内で血まみれでたたずむ高之容疑者を発見、現行犯逮捕した。

 家族のうち、岩瀬さんは首など4か所を、孫の友美ちゃんは額や腕など3か所を刺され死亡。三男・文彦さん(22)は軽傷だが、岩瀬さんの妻・正子さん(58)は10か所を、同居中の三男の内縁の妻・金丸有香さん(27)は17か所を切られ重傷を負った。友美ちゃんは、文彦さんと有香さんの娘。

 岩瀬さん方は7人が同居しており、次男(24)は当時、外出中だった。同容疑者は犯行後に2階の自室の布団にライターで火をつけ、家は2階を中心に半焼した。

 豊川署の調べに、同容疑者は「父親にネットの接続契約を解約され、腹が立った。家族を殺そうと思った」と供述。一美さんが事件の数日前、兄(62)に「(高之容疑者が)勝手に親のクレジットカードを使い、インターネットでゲーム機や雑誌を買っていたので、ネットをできなくした」と話していたことも判明した。岩瀬さんの家族は豊川署に「(高之容疑者が)ネットオークションの買い物で200万〜300万円の借金がある」などと相談していた。

 近隣の住民は、高之容疑者について「約15年前から引きこもりだった。(中学)卒業後、姿を見かけたことがない」と話しており、中学卒業の頃から自宅にこもり切りで、ネットにのめり込んでいたとみられる。

 約1年前に三男一家が同居するようになってから、家庭内トラブルが頻発。今月13日未明には、家族から「高之容疑者が父の身分証を取り上げて返さない」との通報が警察にあった。高之容疑者が一美さんの身分証明書を持ち出し、銀行口座を無断で開設しようとしていたという。また15日朝には、高之容疑者と家族が「けんかしている」との通報があった。警察では殺人容疑で、事件の詳しい背景などを調べている。


 【関連記事】
引きこもり 懐中電灯 クレジットカード を調べる

知的障害児施設で虐待=不適切な拘束など440件−「自傷行為止めるため」−大阪市(時事通信)
妻殴られ重体に、傷害容疑で67歳夫を逮捕(読売新聞)
<警察庁長官>北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」(毎日新聞)
<河村市長>議員報酬半減案など再提案へ 議会側は冷ややか(毎日新聞)
新党 「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)

雑記帳 宮本亜門さん、神奈川芸術劇場の初代芸術監督に(毎日新聞)

 来年1月にオープンする神奈川芸術劇場(横浜市中区)の初代芸術監督に就任した演出家の宮本亜門さん(52)が7日、記者会見し、「いかに生きるべきかを観客とともに考えながら、劇場をつくっていきたい」と抱負を語った。

 劇場は神奈川県が整備する舞台芸術の新拠点。宮本さんは三島由紀夫の「金閣寺」を開幕作品にすることを明らかにし、意気込みを見せた。

 任期は4年。宮本さんにラブコールを送った松沢成文知事は、会見に同席し「何期やっていただいても」。自らは知事の多選禁止条例を全国で初めて制定しており、芸術は別世界らしい。【木村健二】

【関連ニュース】
恋人の聖地ツアー:夫婦ら9組が愛を確かめ合う−−神島 /三重
佐藤江梨子:いい人がいたら紹介して 私は浮気しません! 映画「斜陽」製作発表記者会見

「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)
【写劇10】帆船「あこがれ」実習航海 みんなで動かした(産経新聞)
シャトル 「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
大江健三郎賞に中村文則氏(時事通信)

傷害容疑で追送検=反捕鯨のSS活動家−海保(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による調査捕鯨妨害事件で、東京海上保安部は1日、傷害などの疑いで、SSの元船長ピーター・ベスーン容疑者(44)を追送検した。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真特集〕調査捕鯨
損保業界、3メガ体制に=MS&ADとNKSJが発足
ケータイで傷害保険=ドコモが東京海上と提携、4月から

若林氏「魔が差した」、青木氏「想像できぬ」(読売新聞)
政令市・相模原スタート、全国19番目…神奈川(読売新聞)
スーツケース遺体事件で逮捕へ=60歳の男、死体遺棄容疑−石川県警(時事通信)
射爆場、米に返還要求へ=沖縄の負担軽減−政府(時事通信)
<乳児遺体>37歳女を遺棄容疑で逮捕 プランターに埋める(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
ネットビジネス
即日現金化
サイドビジネス
情報商材
アフィリエイト ホームページ
2ショットチャット
債務整理
selected entries
archives
recent comment
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    みっくみく (08/27)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    タランチュラ (06/12)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    リンデル (01/15)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    ガトリング白銀 (01/10)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    ソルバルウ (01/03)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    こういち (12/24)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    晶太郎 (12/20)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    モグモグ (12/17)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    ヘッド (12/08)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM