スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


原中氏当選、民主は歓迎=自民、参院選への影響懸念−日医会長選(時事通信)

 日本医師会で民主党支持を掲げる原中勝征氏が新会長に決まったことについて、民主党は「参院選に向けてプラス材料になる」(幹部)と歓迎した。一方、日医の支援を受けてきた自民党からは参院選への悪影響を懸念する声が上がった。
 民主党の高嶋良充参院幹事長は党本部で記者団に「これから医師会の協力をいただきながら、より良い医療政策を実現していけると期待している」と表明。別の党幹部は「参院選に大きな力になる。自民党支持団体を切り崩す小沢一郎幹事長の戦略が奏功した」と語った。
 一方、自民党には落胆が広がった。ベテラン議員の一人は「各都道府県の医師会の対応はばらばらだ。日医全体が民主支持で統一されるわけではない」と語ったが、「最も頼りにしていた団体の一つだから影響は大きい」と懸念する声が出ている。
 「会長選には、政策だけでなく組織内の権力闘争も影響したのだろう」(閣僚経験者)との見方もある。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

大阪・和泉寺跡から泉南を統治した地元豪族名の瓦が出土(産経新聞)
234万回分、使用期限切れ=余剰ワクチン廃棄へ−新型インフル・厚労省(時事通信)
改正雇用保険法が成立、派遣の失業給付に配慮(読売新聞)
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官−6社を指名停止・防衛省(時事通信)
「和解勧告受け入れ、協議開始を」―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)

自民党執行部に意見を言う会合、舛添氏ら欠席(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁ら執行部は26日、党所属参院議員を対象にした懇談会を国会内で開いた。執行部への意見を求める場として設定したものだが、執行部交代の言動をしてきた舛添要一前厚生労働相や、山本一太、世耕弘成の両氏は欠席した。

 舛添氏は当初、周辺に出席の意欲をみせていたが、25日になって「どうしても外せない用事が出た」(同氏事務所)として急遽(きゆうきよ)欠席を決めた。山本、世耕両氏の事務所はそれぞれ「前から日程が入っていた」「本人でないとわからない」としている。

 谷川秀善参院幹事長は懇談会終了後、記者団に対し、党の外で批判しながら党の会合に欠席した舛添氏らについて「こういうときに出てきて、しっかり言ってもらいたい」と苦言を呈した。

【関連記事】
自民も「執行部処遇が本格化」 参院選へ苦難の谷垣総裁
次期首相のトップは舛添氏
自民党苦悩の現場 「邦夫の乱」は沈静も…
【週末に想う】散る桜 残る桜も 散る桜 小林静雄
「新党、先にやるからおかしくなる」 舛添氏、邦夫氏との連携に否定的
あれから、15年 地下鉄サリン事件

郵貯限度額を引き上げ=郵政改革の骨格発表−政府(時事通信)
皮肉?中井国家公安委員長、北教組の資金提供「うらやましい」(産経新聞)
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに(医療介護CBニュース)
シュワブ陸上案に反対=名護市長(時事通信)
<国民新党>参院選比例代表にプロレスラー擁立(毎日新聞)

<国民年金詐取>弘道会系組長ら再逮捕 犯罪収益等収受容疑(毎日新聞)

 配下の組員がだまし取った金と知りながら現金約100万円を受け取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課などは24日、東京都八王子市横川町、指定暴力団山口組弘道会系組長、遠藤智(さとし)容疑者(46)=別の詐欺容疑で逮捕=ら組幹部2人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で再逮捕し、多摩市豊ケ丘1、同組幹部の藤崎哲也容疑者(39)を同容疑で逮捕した。組対4課は詐取した現金が組の運営資金や上部団体の資金源に充てられた疑いもあるとみて捜査する。

 弘道会(名古屋市)は山口組トップとナンバー2の若頭の出身母体。警察当局は山口組を実質支配しているとみて、昨秋から摘発を強化している。

 逮捕容疑は、07年10月〜08年4月、組幹部(43)=別の詐欺容疑で逮捕=が父親が生存しているように見せかけて国からだまし取った厚生年金約600万円のうち100万円を組費名目で受け取ったとしている。

【関連ニュース】
名古屋市議会:各派、議員年金制度の廃止決議へ
年金:旧社保庁職員のアンケ基に新たな解決策 記録回復委
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ
消された年金:記録訂正の確認手段 厚年基金や健保でも
雇用:各党が政権公約に

国民新、プロレスラー西村氏を擁立(産経新聞)
生方氏解任、タイミング悪い=仙谷氏(時事通信)
首相動静(3月22日)(時事通信)
政治献金の有無、8割無回答…72教組調査(読売新聞)
JAL 一便一便新しい気持ち…63歳機長、ラスト飛行へ(毎日新聞)

ほかの駅でもケーブル点検=埼京線などの停電トラブル(時事通信)

 23日夜、JR埼京線新宿〜池袋間で停電が起き、同線と山手線、湘南新宿ラインが最長約3時間半にわたって運転を見合わせたトラブルで、JR東日本は24日、停電のきっかけになったとみられる駅庁舎の高速データ通信用ケーブルについて、ほかの個所には異常がないか点検を行った。
 同社によると、停電は、目白駅庁舎の外側に張ったケーブルが落下し、これを埼京線下り列車がはねたのがきっかけで発生したとみられる。
 ケーブルは埼京線に隣接する山手線の架線に絡まっており、これと前後して埼京線の停電が発生した。
 埼京線は、ケーブルをはねた直後は電気がついていたが、まず上り線が停電。その後、むき出しでケーブルをはねた下り線も停電した。山手線は停電しなかったが、埼京線が、周辺を走行する列車に異常を知らせる「防護無線」を発信したため、停止したという。
 埼京線が停電したこととケーブルをはねたことの因果関係は判明しておらず、同社が原因を調べている。 

歴史共同研究委 共通認識ほど遠く 当初から悪玉史観 議論は不毛だった(産経新聞)
東名64キロ、関越50キロ 3連休最終日に激しい渋滞 (産経新聞)
1世帯最大579円を上乗せ 再生可能エネルギー買取制度の負担試算(産経新聞)
トヨタ工場で小規模爆発、作業中の1人軽傷(読売新聞)
全国最後の新潟で裁判員判決=覚せい剤事件、懲役10年(時事通信)

稲川会代表代行者に清田理事長=官報に公示−東京都公安委(時事通信)

 指定暴力団稲川会の角田吉男4代目会長が2月に死亡したことに伴い、東京都公安委員会は19日、代表する者に代わるべき者として、同会の清田次郎こと辛炳圭理事長を指定すると公示した。
 警視庁組織犯罪対策3課によると、5代目会長は決まっていないが、同会に対する指定暴力団の認定手続きを進めるため、ナンバー2の辛理事長を指定した。 

【関連ニュース】
道仁会側が住民らを提訴=本部使用禁止めぐり賠償請求
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定
工藤会会長宅など捜索=暴追運動住民宅銃撃
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か
患者誤射殺で無期懲役確定へ=暴力団関係者と間違い

首相動静(3月19日)(時事通信)
道路凍結、標識に衝突し北大生ら2人死亡(読売新聞)
日本IBM社員、ニイウスコー不正取引関与か(読売新聞)
岡田外相の核発言を批判=共産・小池氏(時事通信)
将来的に有事の核持ち込み容認も…岡田外相(読売新聞)

<元組幹部射殺>殺人は無罪、拳銃所持で実刑 東京地裁判決(毎日新聞)

 東京・上野で07年、指定暴力団山口組系の中西真一・元幹部(当時42歳)を射殺したとして組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)などに問われた元組員、米満敏隆被告(53)に対し東京地裁は18日、組織的殺人を無罪とし、銃刀法違反(拳銃加重所持)のみ認め懲役4年(求刑・懲役18年)の実刑判決を言い渡した。藤井敏明裁判長は「目的を知らされず拳銃運搬役に使われた可能性が高い」と指摘した。

 検察側は、米満被告ら5人が共謀し07年10月、台東区上野の路上で中西元幹部を射殺したとして起訴したが、判決は「米満被告は事件を主導した組の構成員ではなく殺害計画を知らされていたとは考えにくい」と退けた。そのうえで実弾3発とともに拳銃を所持したとする拳銃加重所持の罪だけを認定した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
「円天」詐欺事件:元会長に懲役18年判決…東京地裁

スカイマークに特別安全監査=整備、運航、経営の全般−前原国交相(時事通信)
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分−警視庁(時事通信)
福岡・能古島の切断遺体、32歳女性と判明(読売新聞)
陛下、東ティモール大統領と会見(時事通信)
暴追運動住民宅に銃弾=玄関などに6発−北九州(時事通信)

遺体は30代女性=死後切断、7〜10日経過−福岡県警(時事通信)

 福岡市西区の能古島北東部の海岸で15日、女性遺体の下半身が見つかった事件で、女性は30代とみられることが16日、福岡県警西署捜査本部への取材で分かった。同市博多区では今月上旬から30代の女性会社員が行方不明になっており、捜査本部はDNA型を照合するなどして関連がないか調べている。
 捜査本部によると、司法解剖の結果、遺体は死後切断され、1週間から10日経過。尻の右側上部と下部には生前にできたとみられるあざがあった。死因は分からなかった。 

【関連ニュース】
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判
凶器はバット、無抵抗か=男数人が車で拉致、聴取
グループホーム運営会社など捜索=入居者2人の身元確認-7人死亡火災・道警
リュック中身は乳児遺体=東大寮侵入容疑の男
神戸港に白骨化遺体=不明の40代会社員か

教員に罰則、改正案提出=自民、みんな(時事通信)
「別れさせ屋」女性殺害で懲役15年判決(産経新聞)
<高千穂峡>落石で小2男児が骨折…ボート遊覧中 宮崎(毎日新聞)
埋葬せずに遺骨紛失、寺に4480万賠償命令(読売新聞)
運輸助役「うっかりした」 大阪市営地下鉄鶴見緑地線トラブル(産経新聞)

領事らと接見後、取り調べへ=過去の事件も「鋭意捜査」−捕鯨船侵入事件・海保(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による調査捕鯨船「第2昭南丸」への侵入事件で、第3管区海上保安本部(横浜市)は12日午後、艦船侵入容疑で逮捕したSSの小型高速船「アディ・ギル(AG)号」船長でニュージーランド国籍のピーター・ベスーン容疑者(44)の身柄を東京海上保安部(東京都江東区)に移送した。同容疑者は同保安部内で昼食後、同国領事や弁護士と接見しており、同保安部は接見終了後、本格的な取り調べを始める。
 同本部は同日午後、第2昭南丸を東京港から横浜海上防災基地(横浜市)に移し、実況見分した。
 記者会見した武留井武男東京海上保安部長によると、ベスーン容疑者は逮捕状を読み上げられた際、うなずきながら素直に逮捕に応じた。「わたしが第2昭南丸に侵入したことに間違いない」と、容疑を認めているという。
 逮捕容疑によると、ベスーン容疑者は先月15日午前9時ごろ、仏領ケルゲレン島の南南西約925キロの海上で、昭南丸に水上バイクで近づき、防護ネットを切って船内に侵入した疑い。
 ベスーン容疑者はその後、船員法に基づき昭南丸船長の管理下に置かれたが、船内ではほかの乗組員と同じ食事を取っており、船員とのトラブルなどもなかったという。
 武留井部長は会見で「一連の(調査捕鯨)妨害行為にもSSがかかわっていたと認識している」と指摘。過去の調査捕鯨妨害事件についても「鋭意、厳正に捜査していきたい」と話し、これらについてもベスーン容疑者から事情を聴く。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真特集〕調査捕鯨
バイオ燃料船で世界一周=「環境保護の戦士」自任
シー・シェパード活動家を逮捕=東京港到着の捕鯨船内で

シー・シェパード活動家を逮捕へ=東京港到着の捕鯨船内で−艦船侵入の疑い・海保(時事通信)
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か−北九州
<日弁連会長選>再投票で宇都宮氏当選(毎日新聞)
「コリラックマ」PC、ビックとソフマップ各店でも販売
<愛子さま>「元気に通学されるように」宮内庁の羽毛田長官(毎日新聞)

<千葉大生殺害>竪山容疑者を強殺罪で追起訴(毎日新聞)

 千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、千葉地検は10日、住所不定、無職、竪山辰美容疑者(49)を強盗殺人などの罪で千葉地裁に追起訴。千葉県警は同日、県内で別の女性を殴り金を奪おうとしたとして強盗傷害容疑で再逮捕した。逮捕は6度目。

 起訴内容は、昨年10月20〜21日、部屋に窓から侵入して荻野さんの両手首をストッキングで縛り、現金やキャッシュカードを奪って包丁で刺し殺害。22日証拠隠滅のため再び部屋に侵入し、遺体のそばにあった衣類にライターで火を付け、放火したとされる。また、再逮捕の容疑は昨年10月下旬、県内の病院駐車場で20代の女性看護師から金品を奪おうとして手で殴るなどし、負傷させた疑い。

 ◇荻野さんに卒業認定書

 一方、卒論に取り組んでいて事件に遭った荻野さんに、千葉大園芸学部は卒業認定書を交付することを決め、菊池真夫・園芸学部長と卒論担当の三島孔明助教、学友らが16日、兵庫県の荻野さんの両親を訪れ、認定書を手渡す。【神足俊輔、西浦久雄】

【関連ニュース】
千葉大生殺害:竪山容疑者を送検
千葉大生殺害:現場を複数回下見 「入りやすそうだ」
千葉大生殺害:逮捕もっと早ければ… 知人ら悔しさ訴え
千葉大生殺害:「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認
千葉大生殺害:竪山容疑者を強盗殺人容疑などで再逮捕

皇太子さま、ガーナで英世の志継ぐ日本人激励(読売新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)

「毎日泣き声…奥さん怒鳴ってた」 警鐘伝わらず 埼玉の男児衰弱死(産経新聞)

 有効な対策は打てなかったのか−。次男に食事を与えず衰弱させながら放置したとして、埼玉県警蕨署が保護責任者遺棄容疑で新藤正美(47)、早苗(37)の両容疑者を逮捕した事件。次男の力人(りきと)ちゃん=当時(4)=への虐待の疑いがたびたび浮上しながら手を打てなかった悲劇に、近所の住民は「何もできなかったのが切なかった…」と肩を落とした。

 「毎日泣き声が聞こえた。奥さんが『私の子じゃない』『犯罪者の子供』と怒鳴っていた」。事件当時、容疑者宅の隣に住んでいた女性(67)は、青ざめた表情で話した。

 蕨署によると、事件当時、新藤容疑者は長男(10)を加えた4人暮らし。長男と事件後に生まれた長女(1)は現在、児童養護施設と乳児院に引き取られているという。

 新藤容疑者らは平成16年3月から生活保護を受給し、埼玉県蕨市塚越のアパートに入居。それまでは「乳飲み子の長男を連れた路上生活」(付近住民)だったという。力人ちゃんは市内の保育園に在籍していたが、一度も通園していない。

 近くの女性(65)によると、力人ちゃんと長男が外出するのは両親が生活保護を受給しに行くときだけ。長男も小学校に通っておらず、「通学する小学生を長男はうらやましそうに眺めていた」という。

 県南児童相談所によると、力人ちゃんは生後間もない15年10月、両親の経済状態を理由に乳児院で保護。両親のたびたびの要請により、自宅に引き取られたのは18年1月だった。

 だが、その後も「子供の泣き声が聞こえる」といった虐待をうかがわせる通報がありながら、警察も行政も有効な手を打つことはできなかった。児童相談所は事件直前まで計8回、自宅を訪問して経過観察していたが、「虐待の事実は把握できなかった」という。

【関連記事】
埼玉、奈良で虐待死相次ぐ ニッポンの処方箋は
また虐待死…4歳次男に食事与えず放置 容疑の両親逮捕
奈良の男児餓死で「不仲の夫と似ている長男が憎らしく…」母親供述
東京・江戸川の児童虐待「適切に対処できず」 区が事件報告書
死亡3歳女児、体に多数あざ 虐待の可能性も 福岡

自宅たまり場に大麻吸引=少年ら4人逮捕、家出中学生も−大阪府警(時事通信)
【十字路】京都・嵯峨野トロッコ列車が運転開始(産経新聞)
裁判員「車で片道5時間」=選任前日から判決まで連泊−旭川地裁(時事通信)
<原爆被爆者>来日要件完全撤廃へ 「黒い雨」も対象に(毎日新聞)
官僚対象に「政策グランプリ」=提案募り11年度予算に採用−行政刷新相(時事通信)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
ネットビジネス
即日現金化
サイドビジネス
情報商材
アフィリエイト ホームページ
2ショットチャット
債務整理
selected entries
archives
recent comment
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    みっくみく (08/27)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    タランチュラ (06/12)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    リンデル (01/15)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    ガトリング白銀 (01/10)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    ソルバルウ (01/03)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    こういち (12/24)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    晶太郎 (12/20)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    モグモグ (12/17)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    ヘッド (12/08)
  • 司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM